忍者ブログ

fukushimuのメモ帳

旧fukushimu'sページ。&旧理系大学院生の怠惰な日々。 fukushimuのメモ帳です。。
2017
03,27

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010
11,04
3年ぶりくらいにワンダーフォーゲル部に同行し、大分県は九重、大船山に登ってきた。久しぶりの登山で、少し不安もあったが、余裕をぶっこいていたら、意外と過酷な旅となった。

DCF00018.JPG



長者原の駐車場から見た(多分)三俣山

一日目は熊本市内からレンタカーを借り、長者原で車をとめて、半日かけて大船山ふもとの坊がつるへ向かった。3年前に「ここは天国の入り口のようだ」とフクシムに言わしめたススキ野原は今年も坊がつる一面に広がっていた。

DCF00045.JPG








坊がつるでテントを張り一泊する。夜間、氷点下だったらしく、厚着して寝袋をかぶってたけど結構寒かった。薄味の水炊きが飢えて冷え切った体に沁みた。星がきれいで、流れ星も2つ見えた。暇だったので怖い話を検索して僕が「本当にあった怖い話」のナレーターの感じで朗読した。狭いテントに5人で川の字になり寝た。



二日目はいざ大船山へ。テントや荷物を置いて登ったけど、傾斜がかなり急で一日目の疲労もあり、登りはまだ良かったが、下りにどっと疲れが来た。この時期、紅葉がめちゃめちゃきれいだった!といいたいところだったけど、あいにく時期をはずしたらしく紅葉はまばらだった。それでも空は快晴で空気もおいしく、頂上からの景色も登山中のきつさと空腹感を差し引いたらぎりぎりお釣りがくるくらい良かった。

DCF00071.JPGDCF00065.JPG




帰りは長者原の温泉に入り、ガンジー牧場でヨーグルト味のソフトクリームを食べる。

DCF00006.JPG以下、今回わかったこと
・食料は多めに持っていって損はない。
・防寒対策はしっかりと。
・森ガールに出くわす。
・暇なときのためにトランプなどを持っていこう。


 

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

 

 

 

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

 

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

trackback
この記事のトラックバックURL:

プロフィール
HN:
fukushimu
性別:
男性
自己紹介:
熊本の某大学で情報処理の勉強をしてます。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
つぶやきパーツテスト
カレンダー
最新コメント
[12/12 nvvkofkjdl]
[12/12 clmmxjdfzx]
[12/12 byuahjtfun]
[12/12 lyzithxbgh]
[12/11 xcjlfpuicg]
バーコード
最新TB
P R
カウンター
フリーエリア

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]