忍者ブログ

fukushimuのメモ帳

旧fukushimu'sページ。&旧理系大学院生の怠惰な日々。 fukushimuのメモ帳です。。
2017
04,28

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011
01,08
たまにeclipseで「あいうえお」って入力したつもりが「うくちたつ」ってなる病気にかかるんだよな〜、とのんきに思っていたわけですが、プログラムを走らせっぱなしの状態で停止するわけにいかなくなったので、ググることに。

Ctr + /

これで文字入力モードが切り替わるんですね。
つまり、eclipse上で日本語入力モード時に「Ctr + /」でうっかりコメントアウトをしようものなら、すかさず入力モードが切り替わってしまうということですね。

はーすっきりした。
PR
2011
01,06
こちら(tech.bayashi.net/pdmemo/perl_dbi_mysql.html)を参考にしました。

perlからmysqlを使用するためにはDBIとDBDが必要とのことです。

DBIは既に入っていたのでDBD::mysqlというモジュールをcpanでインストール。


[guest@localhost ~]$ su
パスワード:
[root@localhost akito]# cpan
...
cpan[1]> install DBD::mysql

...

/usr/bin/make install  -- OK


ということで、DBD::mysqlが入りました。
つぎにこちら(http://rfs.jp/sb/perl/dpi/02.html)を参考に簡単なスクリプトを書いてみました。

use DBI;

# データソース
$d = 'DBI:mysql:mysql';
# ユーザ名
$u = 'root';
# パスワード
$p = 'パスワード';

# データベースへ接続
$dbh = DBI->connect($d, $u, $p);
@row = $dbh->selectrow_array(
    "SELECT User FROM user"
);
print "@row"."\n" if @row;
$dbh->disconnect;

実行結果

root

できました。
今回は以上です。


2011
01,06

今更ながらテキストファイルに結果を書き出したりテキストから読み込んだりでのプログラムに限界を感じたのでMySQLをインストールした。

高速に日本語の全文検索ができるTritonnをいれる。

OSはVine5.1で、mecab0.98が既にはいっている。

まずここ(http://sourceforge.jp/projects/tritonn/releases/)から以下のrpmファイルをダウンロード。

・MySQL-client-5.0.87-tritonn.1.0.12a.i386.rpm      369.5 KB      823
・MySQL-devel-5.0.87-tritonn.1.0.12a.i386.rpm     7.4 MB     603
・MySQL-server-5.0.87-tritonn.1.0.12a.i386.rpm     16.9 MB     747
・MySQL-shared-5.0.87-tritonn.1.0.12a.i386.rpm     3.6 MB     604
・mecab-0.98-tritonn.1.0.12a.i386.rpm     874.0 KB     693
・mecab-ipadic-2.7.0.20070801-tritonn.1.0.12a.i386.rpm     24.9 MB     665
・senna-1.1.4-tritonn.1.0.12a.i386.rpm


つぎにインストール。

[root@localhost ダウンロード]# rpm -ihv mecab-0.98-tritonn.1.0.12a.i386.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
    パッケージ mecab-0.98-tritonn.1.0.12a.i386 は既にインストールされています。


そうですか…


[root@localhost ダウンロード]# rpm -ihv mecab-ipadic-2.7.0.20070801-tritonn.1.0.12a.i386.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
   1:mecab-ipadic           ########################################### [100%]


^C
^C
[root@localhost ダウンロード]#
[root@localhost ダウンロード]# rpm -ihv mecab-ipadic-2.7.0.20070801-tritonn.1.0.12a.i386.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
    パッケージ mecab-ipadic-2.7.0.20070801-tritonn.1.0.12a.i386 は既にインストールされています。


時間掛るなー。あれ、止まったかな。と思いきやインストールできてますとな。

あとはすんなり入りました。


[root@localhost ダウンロード]# rpm -ivh MySQL-shared-5.0.87-tritonn.1.0.12a.i386.rpm
[root@localhost ダウンロード]# rpm -ivh MySQL-client-5.0.87-tritonn.1.0.12a.i386.rpm
[root@localhost ダウンロード]# rpm -ivh MySQL-server-5.0.87-tritonn.1.0.12a.i386.rpm
[root@localhost ダウンロード]# rpm -ivh MySQL-devel-5.0.87-tritonn.1.0.12a.i386.rpm


つぎに、MySQLの初期設定。


[root@localhost ダウンロード]# /usr/bin/mysqladmin -u root password 'パスワード'
[root@localhost ダウンロード]# /usr/bin/mysqladmin -u root -h localhost.localdomain password 'パスワード'
/usr/bin/mysqladmin: connect to server at 'localhost.localdomain' failed
error: 'Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO)'



アクセスがdeniedされましたね。一行目のrootのパスワードが早速適応されている様子。


[root@localhost ダウンロード]# /usr/bin/mysqladmin -u root -h localhost.localdomain password 'パスワード' -p
Enter password:

これで通りました。今更ですが日本語のフォルダ名はめんどいですねー…

[root@localhost ダウンロード]# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 5

起動できました!
あとは初期に存在するユーザ名が空のIDをけしたり、ゲストアカウントを作ったりしましょう。


mysql> delete from mysql.user where user="";

Query OK, 2 rows affected (0.00 sec)

mysql> select user,host,password from mysql.user;
+------+-----------------------+-------------------------------------------+
| user | host                  | password                                  |
+------+-----------------------+-------------------------------------------+
| root | localhost             |               |
| root | localhost.localdomain |                                           |
| root | 127.0.0.1             |                                           |
+------+-----------------------+-------------------------------------------+
3 rows in set (0.00 sec)
 


今回は以上です。

2011
01,06

Vine5.1にMySQLとtoritonnをインストールするついでに、MeCabの新しいバージョンを再インストールしました。あと、ipadicの辞書に加えてnaist-jdicもいれてみました。

今回のインストール

mecab 0.98.
mecab-ipadic-2.7.0-20070801
mecab-naist-jdic-0.6.3-20100801


synapticからいれると古いバージョンが入るのですね。なのでsynapticから古いのをアンインストールして、MeCabのページから本体とipadicをダウンロードした後、インストール。


tar zxf mecab-0.98.tar.gz
cd mecab-0.98
./configure --with-charset=utf8 \
make
su
make install



tar zxf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz
cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801
./configure --with-charset=utf8
make
make install


なぜかipadicのmakeが通らない。`allはmakeできないだとかなんとか。無視してmake install したらこっちは通りました。(これでいいのか汗?)

引き続きnaist-jdicをこちらからダウンロードしてインストール。naist-jdicはこちらの記事によると


現在でもよく使用されている形態素解析用辞書 IPADIC に対して ICOT 条項をクリアするとともに表記ゆれ情報、複合語情報を付与した辞書です。


とのことです。


tar zxf mecab-naist-jdic-0.6.3-20100801.tar.gz
cd mecab-naist-jdic-0.6.3-20100801
./configure --with-charset=utf8
make
make install


これでMeCabと辞書が入りました。早速つかってみます。辞書は-dオプションで指定できます。(まず最初にいれたからか)デフォルトのipadic

[guest@localhost /]$ mecab
今日は晴れの日いい天気
今日    名詞,副詞可能,*,*,*,*,今日,キョウ,キョー
は    助詞,係助詞,*,*,*,*,は,ハ,ワ
晴れ    名詞,一般,*,*,*,*,晴れ,ハレ,ハレ
の    助詞,連体化,*,*,*,*,の,ノ,ノ
日    名詞,非自立,副詞可能,*,*,*,日,ヒ,ヒ
いい    形容詞,自立,*,*,形容詞・イイ,基本形,いい,イイ,イイ
天気    名詞,一般,*,*,*,*,天気,テンキ,テンキ
EOS


つづいてnaist-jdic。引数は辞書ディレクトリのパスです。


[guest@localhost /]$ mecab -d /usr/local/lib/mecab/dic/naist-jdic/
今日は晴れの日いい天気
今日    名詞,副詞可能,*,*,*,*,今日,キョウ,キョー,,
は    助詞,係助詞,*,*,*,*,は,ハ,ワ,,
晴れ    名詞,一般,*,*,*,*,晴れ,ハレ,ハレ,,
の    助詞,連体化,*,*,*,*,の,ノ,ノ,,
日    名詞,非自立,副詞可能,*,*,*,日,ヒ,ヒ,,
いい    動詞,自立,*,*,五段・ワ行促音便,連用形,いう,イイ,イイ,いい/云い/言い/謂い,
天気    名詞,一般,*,*,*,*,天気,テンキ,テンキ,,
EOS



んー「いい天気」の「いい」が動詞になってる(汗
まあいいでしょう。デフォルトの辞書は/usr/local/etc/mecabrcのdicdirを書き換えることで変更できます。



[root@localhost ダウンロード]# cat /usr/local/etc/mecabrc
;
; Configuration file of MeCab
;
; $Id: mecabrc.in,v 1.3 2006/05/29 15:36:08 taku-ku Exp $;
;

;dicdir =  /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic    
dicdir = /usr/local/lib/mecab/dic/naist-jdic   ←ここでっせ
; userdic = /home/foo/bar/user.dic

; output-format-type = wakati
; input-buffer-size = 8192

; node-format = %m\n
; bos-format = %S\n
; eos-format = EOS\n


以上です。


2010
09,01
HTML::Featureをインストールするのに少々手間取ったのでメモ。

以下のモジュールを(多分この順序で)先にインストールする必要があります。(※もしかしたら他にも必要なのあったかも…)

XML::LibXML
HTML::Tree
HTML::TreeBuilder-LibXML

で、最初のXML::LibXMLがなかなか入らず、ググったら、こちらにありました。やはりみんな苦労するみたいですね。僕の場合perlでvineなので、Synapticから以下をインストールしました。あと、XML::LibXMLもここにあったんでいっしょにインストール。下の三つは必要じゃなかったかもしれませんが一応いれときました(汗


libxml
libxml-devel
libxml2
libxml2-devel
perl-XML-LibXML
perl-XML-LibXML-Common
perl-libxml-enno
perl-libxml-perl


以上です。




[1] [2] [3]


HOME : 次のページ »
プロフィール
HN:
fukushimu
性別:
男性
自己紹介:
熊本の某大学で情報処理の勉強をしてます。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
つぶやきパーツテスト
カレンダー
最新コメント
[12/12 nvvkofkjdl]
[12/12 clmmxjdfzx]
[12/12 byuahjtfun]
[12/12 lyzithxbgh]
[12/11 xcjlfpuicg]
バーコード
最新TB
P R
カウンター
フリーエリア

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]